ニュース一覧

がん患者の親を持つ子供の支援プログラムを開始

がん患者の親を持つ子供の支援プログラムを開始

大阪市にある淀川キリスト教病院は、がん患者の親を持つ子供を対象としたサポートケアとして、「CLIMB(R)プログラム」を10月より開始する。・・・

記事全文

メラノーマ治療薬ヤーボイ 副作用などを公表

メラノーマ治療薬ヤーボイ 副作用などを公表

日本皮膚科学会は、7月に製造販売承認された「ヤーボイ点滴静注液50mg」の副作用や対応について公表し、投与後に異常があった場合には添付文書や適正使用ガイドによる対処方を参考にするよう呼びかけている。・・・

記事全文

乳がん再発 血液検査で予測可能に

乳がん再発 血液検査で予測可能に

英がん研究所(ICR)の分子腫瘍学チームは、乳がんの再発予測を血液検査でできる技術を開発したと、先月26日米医学誌サイエンス・トランスレーショナル・メディシンで発表した。・・・

記事全文

厚生省 がん患者へより安心できる緩和ケアの取り組み

厚生省 がん患者へより安心できる緩和ケアの取り組み

26日、厚生労働省は「がん対策加速化プラン」の概要を公表。がん患者が安心して在宅療養を続けていけるように財政支援を行い「地域緩和ケア連携調整員」も新たに育成していく。・・・

記事全文

患者やその家族からの暴言・暴行 医師の8割が経験

患者やその家族からの暴言・暴行 医師の8割が経験

近年、問題となっているのが患者やその家族からの暴言や暴行である。医師の8割が経験しており、待ち時間が長いという理由のケースも少なくないという。・・・

記事全文

慶応大らが解明 テロメアが長寿に関連

慶応大らが解明 テロメアが長寿に関連

慶応大らの研究チームの発表によると、染色体の末端にある「テロメア」の長さと長寿が関係していることがわかった。・・・

記事全文

厚生省 仕事と介護、育児の両立のための報告書案を提示

厚生省 仕事と介護、育児の両立のための報告書案を提示

厚生労働省は30日仕事と介護や育児の両立支援のために、介護による離職防止策などを盛り込んだ報告書案を提示した。・・・

記事全文

滋賀 産後ケアに手厚い取り組み

滋賀 産後ケアに手厚い取り組み

出産後の慣れない育児や体調の変化で約一割の女性が産後うつになるといわれている。出生率が全国で2番目に高い滋賀県では、妊娠中から出産後まで継続的な手厚い産後ケアへの取り組みを進めている。・・・

記事全文

世界初 乳がんの核酸医薬の医師主導治験を開始

世界初 乳がんの核酸医薬の医師主導治験を開始

国立がん研究センター(国がん)は7日、世界初となる乳がんを対象にした核酸医薬の医師主導による治験を開始したことを発表した。・・・

記事全文

リンゴ病が各地で警報値に 妊婦はとくに注意

リンゴ病が各地で警報値に 妊婦はとくに注意

国立感染症研究所は「伝染性紅斑」について注意を呼びかけている。・・・

記事全文

男性よりも女性の方が便秘に悩んでいる

男性よりも女性の方が便秘に悩んでいる

厚生労働省の調査によると、男性よりも女性の方が便秘になりやすく、20人に1人が便秘に悩んでいるという。・・・

記事全文

産科の選択肢のない現状 検診に車で30以上かける妊婦も

産科の選択肢のない現状 検診に車で30以上かける妊婦も

株式会社デジタルブティックが日本最大級の妊娠・出産・育児の情報サイト「ベビカム」で産科不足についてのアンケートを実施。553人からの回答をとりまとめた。・・・

記事全文

難病対策の基本方針 8月にも正式決定

難病対策の基本方針 8月にも正式決定

かつては「不治の病」として言われてきた「難病」だが、早く診断がつくことで、重症化を遅らせることもできる。15日、難病医療法に基づいた難病対策の基本方針案がまとめられた。・・・

記事全文

5月の熱中症患者 2900人に達する

5月の熱中症患者 2900人に達する

総務省消防庁の集計によると、5月の熱中症搬送人数は、2904人に達しているという。死亡例も3件報告されており、注意を呼びかけている。・・・

記事全文

歯周病をコントロールして糖尿病を改善

歯周病をコントロールして糖尿病を改善

生活習慣病である糖尿病と歯周病。その両者の相互関係をコントロールすることにより症状が改善する可能性がある。・・・

記事全文

ニュース一覧