【転職・退職】転職時の引き止め、どう対応する?

医師がスムーズに退職する流儀

慢性的な医師不足が続いていることから、医師が退職を申し出るときには職場からの引き止めにあうことも珍しくありません。
執ような引き止めのせいでうまく退職できず、結局同じ職場でズルズルと働き続けることになっては困りますよね。そこで今回は、転職時の重要ポイントを4つ、ご紹介します。


1.引き止めに対して曖昧な態度を取らない
転職を決めたのなら、いつまでに辞めるのかを毅然と伝えるようにしましょう。曖昧な態度を取っていると「今は転職してもらったら困る。落ち着いてからまた話をしよう」などと引き止められ、時期を待っているうちに転職がうやむやになってしまうこともあります。
ポイントは「いつまでに辞める」という明確な日付を示すことです。具体的に日を決めれば退職を真剣に考えていることをアピールできますし、引継ぎのスケジュールも立てやすくなります。

2.退職の意思を極力早めに伝えておく
医師の人数が足りていない病院では、退職の意思を直前に伝えると他の医師に大きな負担をかけることになってしまいます。「短期間での引継ぎは無理がある」などと言われ、退職が先延ばしになってしまうパターンもあることでしょう。
十分に引継ぎの時間を確保して円満に退職するためには、少なくとも常勤の医師であれば3ヶ月前、非常勤の医師でも2ヶ月前には意思表示をしておきたいものです。今後その病院、または系列病院との関係を悪化させないためにも配慮が必要です。
また雇用契約書に退職の意向を示す時期の記載があるので、必ず確認しておきましょう。このとき明確な日付を周囲に告げて退職の準備に取り掛かれば、期日までにスムーズに退職しやすくなります。
早めに伝えて、居づらくなるという方もいますが中には半年前に伝えている先生もいらっしゃいます。頑張りましょう!


3.転職先が決まった状態で退職を伝える
現在の職場で働きながら転職活動をし、次の職場が決まってから退職の意思を伝えるのも引き止めを回避する有効な策といえます。次の職場でいつから働くかが決まっており、どうしても辞退できないという状況ならば、無理に引き止められることはまずないでしょう。
ただし、決まっていない嘘の転職先をでっちあげることは避けましょう。嘘が公になるとトラブルに発展することがあり、円満な退職は難しくなります。

4.ポジティブな転職理由を伝える
現職の人間関係や待遇面への不満や将来への不安から、転職を考える医師も多いものです。しかし、退職を引き止められたときに「人間関係が悪いから」「激務だから」など、ネガティブな理由を述べるのは避けましょう。
不満に対して「改善できるよう対処するから」「報酬をアップするから」、など言われると退職しにくくなります。医療業界は広いようで狭いものなので、禍根を残して退職するとあとあと思わぬところで不都合が起きることがあります。「家庭の事情」、「スキルアップ」などポジティブな退職理由を述べ、円満に退職するよう心がけましょう。
医師の数が足りていない病院では、執ような引き止めに合うこともあることでしょう。しかし、引き止めへの対応方法を間違えたことが原因でなかなか退職できなくなってしまうのは困りますよね。
退職すると決めたのならば、引き止めに対しても毅然と対応する意識が重要といえます。

そろそろ。。。と転職・就職を考えている先生へ
株式会社グランツでは転職・就職の求人相談や、子育てしながらまたは家庭との両立しながらでも勤務可能な病院を紹介するサイトを運営しております。
常勤での転職希望、また非常勤への就職希望など、女性医師に特化した求人サイト「女性医局」へお気軽にご相談ください。

(参照:【転職・退職】退職時の引継ぎを円滑にするには?
(参照:【転職・退職】転職する時の心がまえ
(参照:【転職・退職】退局の時期を見極めよう!
(参照:【転職・退職】まだまだ間に合う!非常勤の転職

関連する記事

【子育て中のはなし】マミートラックを楽しむという考え方。女性医師にとってのメリット

【子育て中のはなし】マミートラックを楽しむという考え方。女性医師にとってのメリット

マミートラックとは出産を終え仕事に復帰した女性が、出世コースとはちがったもうひとつのコースに乗ってしまうことをいいます。 このマミートラック問題は女性医師の世界でも見逃せない問題となっています。 以前・・・

記事全文

【医師アルバイト】産婦人科医向け、婦人科検診のアルバイト!

【医師アルバイト】産婦人科医向け、婦人科検診のアルバイト!

【女性医局】は創業以来、女性医師が活躍できる場所を提供するため、サイトを立ち上げました。そのため、懇意にしている医療機関からは婦人科医師求人と言えば「女性医局」とありがたいお言葉をもらう場合もあります・・・

記事全文

【医師アルバイト】スポット勤務だけで生活は成り立つ?

【医師アルバイト】スポット勤務だけで生活は成り立つ?

スポット非常勤医師として働く! 非常勤医師というのは、常勤医師の「1日8時間程度、週に4日以上勤務」という形以外の働き方をする医師のことです。 非常勤の働き方には、週1日や週2日の勤務日を定める定期非・・・

記事全文

【子育て中のはなし】出産後、子育て中のお仕事

【子育て中のはなし】出産後、子育て中のお仕事

産後、まだまだ子供が小さいけれど、勤務したい先生の問題は子供の預け先です。 また、保育園や幼稚園に預けて働く先生の心配は「子供が発熱や病気で当日勤務できない場合は、どうしたらいいの?」という問題です。・・・

記事全文

【子育て中のはなし】女医が育休から復帰するときの注意ポイント4つ

【子育て中のはなし】女医が育休から復帰するときの注意ポイント4つ

「育休を取得してしばらく家にいたけれど、子どもを保育園に預けてもうすぐ職場へ復帰する」という女医さんは多いことでしょう。 仕事の勘を早く取り戻せるか、育児との両立はできるのかなど、不安はたくさんありま・・・

記事全文

【転職・退職】転職時の引き止め、どう対応する?

【転職・退職】転職時の引き止め、どう対応する?

医師がスムーズに退職する流儀 慢性的な医師不足が続いていることから、医師が退職を申し出るときには職場からの引き止めにあうことも珍しくありません。 執ような引き止めのせいでうまく退職できず、結局同じ職場・・・

記事全文

【転職・退職】まだまだ間に合う!非常勤の転職

【転職・退職】まだまだ間に合う!非常勤の転職

非常勤求人を探すなら、1月からがねらい目! 現在、非常勤の勤務の転職希望がある、またはこれから非常勤の勤務先を探したいという先生はいらっしゃいますか? 年明け、常勤医の勤務シフトが決まると、それ以外の・・・

記事全文

【転職・退職】退局の時期を見極めよう!

【転職・退職】退局の時期を見極めよう!

女性医師が医局を辞めるタイミングは? 「今の働き方に疑問を感じる」「将来のライフイベントに向けて今より仕事がしやすい環境で働きたい」など、女性医師が医局を辞めようと感じるきっかけはさまざまだと思います・・・

記事全文

【転職・退職】転職する時の心がまえ

【転職・退職】転職する時の心がまえ

転職する時にとりあえず考えておきたい3つのこと 現状になんとなく不満があり「転職すればうまくいくのでは?」と漠然とした思いを抱えたまま退職に踏み切る人もいます。 しかし転職というのは今後の生活を大きく・・・

記事全文

【転職・退職】退職時の引継ぎを円滑にするには?

【転職・退職】退職時の引継ぎを円滑にするには?

医師がスムーズに退職する方法 医師が転職をするときには、現在の仕事を後任者にきちんと引継いでおくことが重要です。 引継ぎが不十分のまま退職すると、あとあと思わぬトラブルに発展することもあるので要注意。・・・

記事全文

ニュース一覧を見る