マイナンバー 入院患者の保管方法とは

厚生労働省は、長期入院患者マイナンバー管理について、「利用者本人による管理が難しくなった場合に備えて、事前に本人の意思を確認しておくことが良い」としている。
(参照:難病対策の基本方針 8月にも正式決定

Photo:Feet Up By:Threthny
Photo:Feet Up By Threthny

本来、通知カードや個人番号カード申請に際する特定個人情報が記載された書類については、「利用者本人もしくは家族、代理権を持つ代理人」が保管するものであるとされている。しかし、厚生労働省と日本精神科病院協会によると、長期入院をしていて管理が困難であり家族や代理人がいない場合においては医療施設による管理も問題ないとしている。

施設で管理を行う場合は、「個人番号を含む特定個人情報を施設が保管することに対して本人への意思確認をする」、「代理人がいない場合においては予め保管が難しくなった際の対応を確認する」、「特定個人情報が漏洩することのないよう適正に扱う」などが求められている。

タグ :

関連する記事

【子育て中のはなし】マミートラックを楽しむという考え方。女性医師にとってのメリット

【子育て中のはなし】マミートラックを楽しむという考え方。女性医師にとってのメリット

マミートラックとは出産を終え仕事に復帰した女性が、出世コースとはちがったもうひとつのコースに乗ってしまうことをいいます。 このマミートラック問題は女性医師の世界でも見逃せない問題となっています。 以前・・・

記事全文

【医師アルバイト】産婦人科医向け、婦人科検診のアルバイト!

【医師アルバイト】産婦人科医向け、婦人科検診のアルバイト!

【女性医局】は創業以来、女性医師が活躍できる場所を提供するため、サイトを立ち上げました。そのため、懇意にしている医療機関からは婦人科医師求人と言えば「女性医局」とありがたいお言葉をもらう場合もあります・・・

記事全文

【医師アルバイト】スポット勤務だけで生活は成り立つ?

【医師アルバイト】スポット勤務だけで生活は成り立つ?

スポット非常勤医師として働く! 非常勤医師というのは、常勤医師の「1日8時間程度、週に4日以上勤務」という形以外の働き方をする医師のことです。 非常勤の働き方には、週1日や週2日の勤務日を定める定期非・・・

記事全文

【子育て中のはなし】出産後、子育て中のお仕事

【子育て中のはなし】出産後、子育て中のお仕事

産後、まだまだ子供が小さいけれど、勤務したい先生の問題は子供の預け先です。 また、保育園や幼稚園に預けて働く先生の心配は「子供が発熱や病気で当日勤務できない場合は、どうしたらいいの?」という問題です。・・・

記事全文

【子育て中のはなし】女医が育休から復帰するときの注意ポイント4つ

【子育て中のはなし】女医が育休から復帰するときの注意ポイント4つ

「育休を取得してしばらく家にいたけれど、子どもを保育園に預けてもうすぐ職場へ復帰する」という女医さんは多いことでしょう。 仕事の勘を早く取り戻せるか、育児との両立はできるのかなど、不安はたくさんありま・・・

記事全文

【転職・退職】転職時の引き止め、どう対応する?

【転職・退職】転職時の引き止め、どう対応する?

医師がスムーズに退職する流儀 慢性的な医師不足が続いていることから、医師が退職を申し出るときには職場からの引き止めにあうことも珍しくありません。 執ような引き止めのせいでうまく退職できず、結局同じ職場・・・

記事全文

【転職・退職】まだまだ間に合う!非常勤の転職

【転職・退職】まだまだ間に合う!非常勤の転職

非常勤求人を探すなら、1月からがねらい目! 現在、非常勤の勤務の転職希望がある、またはこれから非常勤の勤務先を探したいという先生はいらっしゃいますか? 年明け、常勤医の勤務シフトが決まると、それ以外の・・・

記事全文

【転職・退職】退局の時期を見極めよう!

【転職・退職】退局の時期を見極めよう!

女性医師が医局を辞めるタイミングは? 「今の働き方に疑問を感じる」「将来のライフイベントに向けて今より仕事がしやすい環境で働きたい」など、女性医師が医局を辞めようと感じるきっかけはさまざまだと思います・・・

記事全文

【転職・退職】転職する時の心がまえ

【転職・退職】転職する時の心がまえ

転職する時にとりあえず考えておきたい3つのこと 現状になんとなく不満があり「転職すればうまくいくのでは?」と漠然とした思いを抱えたまま退職に踏み切る人もいます。 しかし転職というのは今後の生活を大きく・・・

記事全文

【転職・退職】退職時の引継ぎを円滑にするには?

【転職・退職】退職時の引継ぎを円滑にするには?

医師がスムーズに退職する方法 医師が転職をするときには、現在の仕事を後任者にきちんと引継いでおくことが重要です。 引継ぎが不十分のまま退職すると、あとあと思わぬトラブルに発展することもあるので要注意。・・・

記事全文

ニュース一覧を見る